本位田研究室では3年生のプロジェクト研究生を募集しております。

本位田研究室でのプロジェクト研究内容

本位田研究室ではIoT・CPSシステムを対象とした開発実習や,自律エージェントソフトウェア開発のための様々な最先端ツールを活用した開発実習

IoTシステム開発演習

  • AWS上に構築されたIoTテストベッド をベースに新しいIoTセンサ,デバイスなどを追加し,IoTシステムを考案,開発
  • これまでの開発事例: スマートライトを使った自動調光システム,GoogleHomeを使った自動音声連絡システム,GoogleHomeを使った自動音楽再生システム,土壌湿度センサを使った自動植物管理システム
  • 体験できる実装技術・ツール: Arduino, RaspberryPi, NodeRed, Google Home, JinsMEME, HueLight, AWS, docker, etc

過去の事例1 (中村海里さんの制作): 観葉植物自動管理システム
  • 土壌湿度センサを備えたRaspberriPiを使って土の乾燥状態を監視
  • 適切な水やりタイミングをユーザにLINEで通知
  • RaspberriPiに近接センサも追加し,ペットが植物に近づいた場合に警告音を鳴らす機能を実装

過去の事例1 (風野太希君の制作): 自動空間管理システム
  • メガネ型ウェアラブルセンサ(JINS MEME)から取得したデータをもとにユーザのストレスレベルを推定
  • ストレスレベルに応じてユーザをリラックスさせる音楽を再生
  • 楽曲はSpotifyより取得,再生はGoogleHomeを使って再生

自動運転ソフトウェア開発実習

  • 自動運転シミュレータCarla上で自動運転ソフトウェアフレームワークAutowareを用いて,移動経路を動的に変更する適応型ソフトウェアを開発
  • 体験できる実装技術・ツール: Carla, Autoware, 経路計画

自律エージェントソフトウェア開発演習

  • 最先端の自動モデリングツール,ソフトウェア自動合成ツール を使って自己適応・動的進化するソフトウェアを開発
  • 体験できる技術: モデル検査,制御器合成,ゲーム理論,機械学習

プロジェクト研究紹介資料はこちらで公開中です.

 

質問などは随時メールで問い合わせてください.
honiden[at]nii.ac.jp