2020

  1.  活性と同時に保証可能な安全性特定のためのゲーム分析アルゴリズム
    相澤和也, 鄭 顕志, 本位田 真一
    情報処理学会論文誌, Vol. 61, No.4, pp.853 – 862, 2020年4月
  2.  違反状態抽象化による保証可能な安全性特定のための分析空間削減
    相澤和也, 鄭 顕志, 本位田 真一
    電子情報通信学会論文誌D, Vol.J103-D,No.04,pp.238-246,Apr. 2020
  3. An Efficient Adaptive Attention Neural Network for Social Recommendation
    Munan Li, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa
    IEEE Access, vol.8, pp.63595-63606, March 2020
  4. 高信頼なミューテーションテストのためのエラー指向のミュータント削減手法とミュータント重み付け
    徳本 晋, 本位田 真一
    情報処理学会論文誌, Vol.61, No.4, pp.945-956 (2020-04-15)
  5. 命令削除ミューテーションに基づく欠陥局所化の産業用ソフトウェアにおける評価
    徳本晋、本位田真一
    情報処理学会論文誌, Vol. 61, No.10(掲載予定)

2019年度

  1. 自己適応システムのための環境モデル実行時更新手法
    田邉 萌香, 鄭 顕志, 本位田 真一
    情報処理学会論文誌, Vol. 60, No.10, 14 pages, 2019年10月
  2. Change Impact Analysis for Refinement-based Formal SpecificationShinnosuke
    Saruwatari, Fuyuki Ishikawa, Tsutomu Kobayashi, Shinichi Honiden
    The IEICE Transactions on Information and Systems, to appear
  3. 環境変化時に保証可能な安全性を特定するためのゲーム分析アルゴリズム
    相澤和也,鄭顕志,本位田真一
    情報処理学会論文誌  Vol.60(No.4),pp.1025-1039, 2019年04月
  4. Consistency-Preserving Refactoring of Refinement Structures in Event-B Models
    Tsutomu Kobayashi, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    Formal Asp. Comput. 31(3): 287-320 (2019)

2018

  1. Dynamic Update of Discrete Event Controllers
    L. Nahabedian and V. Braberman and N. DIppolito and S. Honiden and J. Kramer and K. Tei and S. Uchitel
    IEEE Transactions on Software Engineering (TSE), October 2018

2017

  1. A Comparative Analysis of Machine Learning Algorithms for Faults Detection in Wireless Sensor Networks
    Ehsan Ullah Warriach, and Kenji Tei
    International Journal of Sensor Networks (IJSNet) 24(1) 1-13 May 2017

2016年度

  1. Robust Service Compositions with Functional and Location Diversity.
    Florian Wagner, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    IEEE Trans. Services Computing 9(2): 277-290 (2016)
  2. Optimizing Distributed Actor Systems for Dynamic Interactive Services
    Andrew Newell, Gabriel Kliot, Ishai Menache, Aditya Gopalan, Soramichi Akiyama, Mark Silberstein
    The European Conference on Computer Systems(EuroSys), Vol.38:1 – 38:15, April 2016
  3. Fast Live Migration for IO-Intensive VMs with Parallel and Adaptive Transfer of Page Cache via SAN
    Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano, Shinichi Honiden
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.Vol. E99-D,, June 2016

    2015年度

    1. Investigating Country Differences in Mobile App User Behavior and Challenges for Software Engineering
      Soo Ling Lim, Peter J. Bentley, Natalie Kanakam, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
      IEEE Trans. Software Eng.41(1): 40-64 (2015)
    2. EVMを利用したDBCアプリケーションのための適応フレームワーク
      末永 俊一郎,鄭 顕志
      情報処理学会論文誌, Vol.56(No.5), 1363-1376, 2015年05月

    2014年度

    1. SanGA: A Self-Adaptive Network-Aware Approach to Service Composition
      Adrian Klein, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden:
      IEEE Trans. Services Computing 7(3): 452-464 (2014)

    2013年度

    1. Coq を使用したMapReduce アプリケーションの検証とScala コード
      姜 帆, 田辺 良則, 本位田 真一
      電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J97-D(No.3), 625-634, 2013年
    2. 無線センサネットワークにおけるデータ品質改善の為の開発プロセス
      清水 遼, 鄭 顕志, 深澤 良彰, 本位田 真一
      電子情報通信学会論文誌 学生論文特集 D, Vol.J97-D(No.3), 473-487, 2013年
    3. エンドユーザーによる保守作業を可能にする Web アプリケーションフレームワーク
      新居 雅行, 鄭 顕志, 石川 冬樹
      コンピュータソフトウェア, Vol.31(No.1), 60-74, 2013年
    4. 自己適応ソフトウェアのための自己適応性設計に関する研究動向
      鄭 顕志, 清水 遼, 高橋 竜一, 石川 冬樹
      コンピュータソフトウェア, Vol.31(No.1), 49-59, 2013年
    5. SanGA: A Self-adaptive Network-aware Approach to Service Composition
      Adrian Klein, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
      IEEE Transactions on Services Computing, 452-464, 2013

    2012年度

    1. Faults in Sensory Readings: Classification and Model Learning
      Valentina Baljak, Tei Kenji, Shinichi Honiden
      Sensors & Transducers, Vol.18, 177-187, January 2013
    2. S-CLAIM: An Agent-based Programming Language for AmI, A Smart-Room Case Study
      Valentina Baljak, Marius Tudor Benea, Amal El Fallah Seghrouchni, Cédric Herpson, , Shinichi Honiden, Thi Thuy Nga Nguyen, Andrei Olaru, Ryo Shimizu, Kenji Tei, Susumu Toriumi
      Procedia Computer Science, Vol.10, 30-37, 2012
    3. 照合操作の識別のためのOCL記述の解析方法
      井上 拓,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.54(No.3), 2013年03月
    4. インタラクションに着目したステートマシン抽出による Rich Internet Applications の欠陥発見の支援
      前澤 悠太,鷲崎 弘宜,本位田 真一
      情報処理学会論文誌 特集「ソフトウェア工学」, Vol.54(No.2), 820-834, 2013年02月
    5. 参照整合性の検証のためのUML Activity解析方法
      井上 拓,本位田 真一
      情報処理学会論文誌 特集「ソフトウェア工学」, Vol.54(No.2), 2013年02月
    6. ゴール指向要求記述の整形に基づいたソフトウェアシステム進化手法
      中川 博之,大須賀 昭彦,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.53(No.10), 2012年10月

    2011年度

    1. A multi-objective evolutionary approach to scheduling for evolving manufacturing systems
      Benjamin Klöpper, Jan Patrick Pater, Shinichi Honiden and Wilhelm Dangelmaier
      Evolving System, October 2011
    2. メタデータ制約を用いた協調プロトコルの自動合成手法
      高橋 竜一,石川 冬樹,本位田 真一,深澤 良彰
      情報処理学会論文誌 特集「分散処理とネットワークサービス」, Vol.53(No.2), pp.683-697, 2012年02月
    3. Folksonomy上のタグと関連する場所の抽出
      馬場 雪乃, 石川 冬樹, 本位田 真一
      人工知能学会論文誌, Vol.27(No.1), pp.1-9, 2012年01月
    4. 都鳥: メモリ再利用による連続するライブマイグレーションの最適化
      穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
      情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol.5(No.2), 74-85, 2012年03月
      同種サービスの併用を考慮した効率的なサービス選択
      平塚 信明,石川 冬樹,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.52(No.10), 2920-2933, 2011年10月
    5. 無線センサネットワークにおける対象追跡の分解能を調整可能なセンサモデル
      鄭 顕志,中里 彦俊,深澤 良彰,本位田 真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J94-B(No.10), 1351-1362, 2011年10月
    6. Chordネットワークに配置された配列に対する並列範囲アクセス
      福地 大輔,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.52(No.8), 2441-2454, 2011年08月

    2010年度

    1. ソフトウェアの問題記述のための実行可能な形式化自然語の提案
      日野 克重, 本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.52(No.3), 1365-1394, 2011年03月
    2. 経路情報を用いた複数タスクへのセンサ割当
      鳥海 晋, 本位田 真一
      情報処理学会論文誌 特集「マルチメディア、分散、協調とモバイルシステム」, Vol.52(No.3), 1091-1101, 2011年03月
    3. 物理的相互作用に着目した,スマート空間の形式仕様記述と検証
      石川 冬樹,山本 佳代子,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.52(No.1), 220-232, 2011年01月
    4. ビヘイビア記述に基づく自己適応システム実装フレームワークの提案
      中川 博之,大須賀 昭彦,本位田 真一
      人工知能学会論文誌 特集「エージェント」, Vol.26(No.1), 1-12, 2011年01月
    5. Approximate Shortest Path Queries in Graphs Using Voronoi Duals
      Shinichi Honiden, Michael E. Houle, Christian Sommer, Martin Wolff,
      Transactions on Computational Science, Vol.9, 28-53, September 2010
    6. プロセス間競合を考慮した自己適応システムの形式仕様構築
      中川 博之,大須賀 昭彦,本位田 真一,
      情報処理学会論文誌, Vol.51(No.9), 1751-1764, 2010年09月

    2009年度

    1. Group Migration by Mobile Agents in Wireless Sensor Networks
      Shunichiro Suenaga, Nobukazu Yoshioka, Shinichi Honiden
      The Computer Journal, Oxford University Press, December 2009
    2. マルチエージェントシステムにおけるメタデータを用いた協調プロトコル合成手法
      高橋 竜一,鄭 顕志,石川 冬樹,本位田 真一,深澤 良彰,
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J92-D(No.11), 1827-1839, 2009年11月
    3. ゴール指向要求分析を用いたself-adaptiveシステムの構築
      中川 博之,大須賀 昭彦,本位田 真一,
      情報処理学会論文誌, Vol.50(No.10), 2500-2513, 2009年10月
    4. 多数のノード取得攻撃に対応した無線センサーネットワークにおける複製ノードの分散検知
      清 雄一,本位田 真一,
      電子情報通信学会論文誌, Vol.92-B(No.4), 689-699, 2009年04月
    5. 多数のノード取得攻撃に対応した無線センサーネットワークにおける不正イベントの検知
      清 雄一,本位田 真一,
      電子情報通信学会論文誌, Vol.92-B(No.4), 678-688, 2009年04月

    2008年度

    1. 無線センサーネットワークにおける不正メッセージ作成元ノードの検知
      清 雄一,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.50(No.2), 787-797, 2009年02月
    2. 無線センサネットワークにおける複数プログラムの動的配備
      末永 俊一郎,吉岡 信和,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.50(No.1), 14-30, 2009年02月
    3. 分散配列: 効率的な論理配列を実現するP2Pデータ構造
      福地 大輔,Christian Sommer,清 雄一,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.50(No.2), 721-736, 2009年02月
    4. Invited Paper: “On Applicability of Formal Methods and Tools to Dependable Services ”
      Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
      The Journal of The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, Vol.E92-B(No.1), 9-16, January 2009
    5. ユビキタスコンピューティングにおける分散協調・連携技術の研究動向
      石川 冬樹 , 阿部 玲, 高橋 竜一, 吉岡 信和, 深澤 良彰, 本位田 真一
      コンピュータソフトウェア, Vol.25(No.4), 133-144, 2008年10月
    6. ユビキタスコンピューティングにおけるアプリケーション開発手法に関する研究動向
      鄭顕志, 中川博之, 川俣洋次郎, 吉岡信和,深澤良彰, 本位田真一
      コンピュータソフトウェア, Vol.25(No.4), 121-132, 2008年10月
    7. 適応エージェントのためのユビキタスコンピューティングミドルウェア
      鄭 顕志,石川 冬樹,吉岡 信和,深澤 良彰,本位田 真一
      コンピュータソフトウェア, Vol.25(No.4), 11-19, 2008年10月
    8. モデル変換に基づく要求記述を利用した形式仕様の構築
      中川 博之,田口 研治,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.49(No.7), 2304-2318, 2008年07月
    9. 効率の良いネットワーク内処理のためのノード選択指標の提案
      鄭 顕志,深澤 良彰,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.49(No.6), 1872-1884, 2008年06月

    2007年度

    1. 無線センサーネットワークにおけるFalse Eventの検知
      清雄一, 本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.49(No.2), 628-638, 2008年02月
    2. Event Calculusに基づく合意を用いたモバイルエージェントの協調
      石川冬樹, 吉岡信和,本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D(No.9), 2349-2364, 2007年09月
    3. 要求の重要度を用いたマルチエージェントシステムの分析モデル検証
      中川博之, 吉岡信和, 本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D(No.9), 2281-2292, 2007年09月
    4. Variable-size DBFによる分散ハッシュテーブルのトラフィック量削減
      清雄一,松崎和賢,本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D(No.9), 2378-2387, 2007年09月
    5. Improving Accuracy of Recommender System by Item Clustering
      KhanhQuan Truong, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
      IEICE TRANSACTIONS, Vol.E90-D(No.9), September 2007
    6. IMPULSE: KAOSを利用したマルチエージェントシステムの分析モデル構築
      中川博之, 吉岡信和, 本位田真一
      情報処理学会論文誌処理, Vol.48(No.8), 2551-2565, 2007年08月
    7. Ringed Bloom Filterによる分散ハッシュテーブルのトラフィック量削減
      清雄一,松崎和賢,本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.48(No.7), 2349-2364, 2007年07月
    8. プロセス記述によるサービス合成のパーベイシブコンピューティングへの適用
      石川 冬樹,吉岡 信和,本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.48(No.4), 1785-1798, 2007年04月

    2006年度

    1. ゴール指向要求工学方法論の共通用語モデルと共通パターン
      田原康之、長野伸一、吉岡信和、本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.48(No.3), 2007年03月
    2. Mechanisms for Environment in Multi-Agent Systems: Survey and Opportunities
      Eric Platon, Marco Mamei, Nicolas Sabouret, Shinichi Honiden, and H. Van Dyke Parunak
      Autonomous Agents and Multi-Agent Systems, Vol.14(No.1), 31-47, February 2007
    3. IOM/T: Interaction Oriented Model by Textual Notation
      土肥拓生、本位田真一
      Special Issue of International Journal of Agent-Oriented Software Engineering (IJAOSE) on Programming Multi-Agent Systems, Vol.1(No.3), 266-294, January 2007
    4. MANET における省資源性を考慮した位置依存情報収集手法
      鄭顕志,深澤良彰,本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J89-D(No.12), 2625-2636, 2006年12月
    5. 知的移動エージェントによるマルチパーパスワイヤレスセンサネットワークアプリケーション
      長 健太、大須賀 昭彦、本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.47(No.12), 3165-3178, 2006年12月
    6. ユビキタス環境における動的なプロセス配備のためのプログラミング支援フレームワーク
      松崎 和賢、本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.47(No.12), 3188-3202, 2006年12月
    7. Agent-based Participatory Simulations: Merging Multi-Agent Systems and Role-Playing Games
      Paul Guyot and Shinichi Honiden
      Journal of Artificial Societies and Social Simulations, Vol.9(No.4), October 2006
    8. 契約による設計を用いたインタラクションの実装 (「マルチエージェントの理論と応用」特集号)
      土肥 拓生、本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.47(No.5), 1371-1381, 2006年05月
    9. Folksonomyマイニングに基づくWebページ推薦システム (「マルチエージェントの理論と応用」特集号)
      丹羽智史,土肥拓生,本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.47(No.5), 1382-1392, 2006年05月
    10. 分散ハッシュテーブルにおけるAND検索時のトラフィック量削減 (「マルチエージェントの理論と応用」特集号)
      清雄一,松崎和賢,本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.47(No.5), 1354-1362, 2006年05月

    2005年度

    1. An Architecture for Exception Management in Multu-Agent Systems
      Eric Platon, Nicolas Sabouret, Shinichi Honiden
      International Journal of Agent-Oriented Software Engineering, Vol.47(No.1), 31-47, January 2006
    2. Location Scope:ロケーションアウェアソフトウェア開発支援手法の提案 (「ユビキタスITSとモバイルアプリケーション」特集号)
      松崎和賢,吉岡信和,本位田真一
      情報処理学会論文誌, 2005年12月
    3. Mobile Agent System for Web Service Integration in Pervasive Network
      Fuyuki Ishikawa, Nobukazu Yoshioka, and Shinichi Honiden
      Systems and Computers in Japan, Vol.36(No.11), 34-48, November 2005
    4. インタラクション記述言語IOM/T (「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号)
      土肥 拓生,吉岡 信和,田原 康之,本位田 真一
      電子情報通信学会論文誌, 2005年09月
    5. フェロモンモデル: 交通渋滞予測への適用 (「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号)
      安藤靖志、深澤良彰、増谷修、佐々木宏、岩崎弘利、本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, 2005年09月
    6. モバイルエージェントによるバッテリ切れ避難システム : EASTER (「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号)
      粂野文洋、金子平祐、吉岡信和、深澤良彰、本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, 2005年09月
    7. 階層構造制御に注目したモバイルエージェントフレームワークとそのマルチメディア応用 (「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号)
      石川 冬樹,吉岡 信和,田原 康之,本位田 真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J88-D(No.9), 1402-1417, 2005年09月
    8. Framework for Synthesis of Web services and Mobile Agents
      Fuyuki Ishikawa, Yasuyuki Tahara, Nobukazu Yoshioka, and Shinichi Honiden
      International Journal of Pervasive Computing and Communications (JPCC), Vol.1(No.3), 227-245, September 2005
    9. ユビキタスアプリケーション向け移動エージェントの相互運用
      長谷川哲夫、長健太、大須賀昭彦、粂野文洋、中島震、本位田真一
      電気学会論文誌, Vol.125-C, 1296-1304, 2005年08月

    2004年度

    1. 分散システム開発におけるモデル検査への視覚的支援手法
      田原 康之, 吉岡 信和, 大須賀 昭彦, 本位田 真一
      情報処理学会論文誌, Vol.46(No.2), 459-469, 2005年02月
    2. オブジェクト指向によるセマンティックWeb開発方法論 – オントロジ構築を中心に –
      田原 康之, 本位田 真一
      コンピュータソフトウェア, Vol.2(No.4), 40-46, 2005年01月
    3. ゴール指向要求工学の体系化のための共通用語 (掲載予定)
      田原 康之、長野 伸一、吉岡 信和、本位田 真一
      情報処理学会論文誌, 2005年01月
    4. パーベイシブネットワークにおけるWebサービス連携のためのモバイルエージェントシステム
      石川冬樹,吉岡信和,本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J87-D(No.7), 782-795, 2004年07月
    5. Webサービス連携のためのモバイルエージェント動作記述 (「オブジェクト指向とWeb技術」特集号)
      石川冬樹,田原康之,吉岡信和,本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.45(No.6), 1593-1602, 2004年06月
    6. モバイルエージェントによる動的環境下のサービス利用の効率的実現手法
      松崎和賢,吉岡信和,本位田真一
      人工知能学会誌, Vol.19(No.4), 311-321, 2004年05月
    7. ユビキタス環境のためのエージェント指向ソフトウェアの開発と応用
      吉岡信和, 大須賀昭彦, 本位田真一
      システム/制御/情報, Vol.48(No.11), 22-27, 2004年05月
    8. ユビキタス環境のためのエージェント指向ソフトウェアの開発と応用
      吉岡信和, 大須賀昭彦, 本位田真一
      システム/制御/情報, Vol.48(No.11), 22-27, 2004年05月

    2003年度

    1. パターンを用いたセキュアなモバイルエージェントシステム設計法
      吉岡信和,田原康之,大須賀昭彦, 本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.45(No.3), 842-857, 2004年03月
    2. An Authentication Architecture for Collaboration among Agents in Ad Hoc Networks
      Y. Okataku, N.Yoshioka, and S. Honiden
      Electronics and Communications in Japan, Part 1, Vol.87(No.5), 11-19, January 2004
    3. 高安全モバイルエージェントシステムアーキテクチャ
      岡宅泰邦、奥富秀俊、吉岡信和、大岸伸之、本位田真一
      電気学会論文誌C, Vol.124-C(No.1), 56-63, 2004年01月
    4. ユビキタスネットワークに対応した動的パターン適用に基づくモバイルエージェントシステム構築法
      吉岡信和、本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.45(No.1), 12-23, 2004年01月
    5. エージェントフレームワークを用いた車載端末向け情報提供システムの構築と評価
      服部 正典,長 健太,大須賀 昭彦,本位田 真一,深澤 良彰
      情報処理学会論文誌, Vol.44(No.12), 3024-3037, 2003年12月
    6. モバイルエージェントによる柔軟なコンテンツ流通を実現するアクティブコンテンツ
      吉岡信和、田原康之、本位田真一
      情報処理学会論文誌:データベース, Vol.44(No.SIG18), 45-57, 2003年12月
    7. ユビキタスパーソナライズエージェントによる買い物支援サービスの実証実験
      服部正典、大須賀昭彦、関俊文、一色正男、本位田真一
      電気学会論文誌C, Vol.123-C(No.11), 2010-2019, 2003年10月
    8. パーベイシブ・コンピューティングのためのマルチエージェントフレームワーク: Mobeet Framework
      吉岡信和、大須賀昭彦、本位田真一
      電気学会論文誌C, Vol.123-C(No.8), 1473-1485, 2003年09月
    9. モバイルエージェントアプリケーションのための仕様記述言語Pigeon
      田原康之、大須賀昭彦、本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J86-D1(No.8), 532-542, 2003年08月
    10. ユビキタス環境におけるContext-Awareなパーソナルエージェントの構築とその実証実験 (「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号)
      服部正典、大須賀昭彦、本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J86-D1(No.8), 543-552, 2003年08月
    11. パターンを利用したセキュアかつ効率的なモバイルエージェントアプリケーション開発
      田原康之、大須賀昭彦、本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.44(No.6), 1483-1497, 2003年08月
    12. MIC方式を用いたモバイル環境に適したエージェントの多重管理方式の提案 (特集号「オブジェクト指向とエージェント」)
      岡宅靖邦、吉岡信和、本位田真一
      電気学会C部門誌, Vol.123-C(No.4), 670-676, 2003年04月

    2002年度

    1. アドホックネットワークにおけるエージェント間共同作業のための認証機構
      岡宅靖邦、吉岡信和、本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J86-B(No.3), 419-427, 2003年03月
    2. モバイルアプリケーションのためのエージェントプラットフォームMolFie
      粂野文洋、本位田真一
      電子情報通信学会論文誌, Vol.J86-B(No.3), 362-375, 2003年03月
    3. Evaluation of A Multi Agent Framework for Open Distributed Systems
      N. Yoshioka, T. Kawamura, A. Ohsuga, and S. Honiden
      IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications, and Computer Sciences, Vol.E85-A(No.11), 2396-2406, November 2002
    4. IPEditor開発ツールとMobile UNITY言語の適用によるモバイルエージェントセキュリティの実現
      田原康之、大須賀昭彦、本位田真一
      情報処理学会論文誌, Vol.43(No.6), 1582-1597, 2002年06月
    5. 共生/寄生エージェントモデルによる発展的P2Pアプリケーション構築法
      飯島正、本位田真一、土居範久
      情報処理学会論文誌, Vol.43(No.6), 1563-1581, 2002年06月

    2001年度

    1. 階層的知識間の調整規則の学習
      市瀬 龍太郎,武田 英明,本位田 真一
      人工知能学会論文誌, Vol.17(No.3), 230-238, 2002年03月